整体院とマッサージ違い

マッサージ屋さんには行ったことあるけど、整体院は初めてという方も多いのではないでしょうか?

このページでは、治療内容やその効果、資格などにおいてマッサージと整骨院の施術の違いをご説明いたします。

整体院の特徴1. 施術方針や方法は

全ての整骨院ではありませんが、最近では基礎医学の知識を生かし根本原因を見極めた上でその問題を解決するような施術を行うところも増えてきています。

本来人間には正しい骨格の位置や足の開く角度、関節の正しい可動域などが決まっています。それが崩れて、筋肉が硬くなり血管や神経が圧迫されて様々な症状が出てきているのです。その根本のバランスの崩れや骨格のズレを整えていく整体を行っていきます。

マッサージでは・・・

まず全体を揉みほぐしていきます。そして特に辛い部位は念入りにほぐしていきます。

その際、強さなどをお客様に聞きながら加減していきます。1時間コースとかもありますが、それだけ揉んでしまうと必ずその後だるくなってしまいます。

このようなマッサージはリラクゼーション目的であれば良いのかもしれませんが、治療目的だとするとやってはいけないことばかりなのがわかってきましたのでご注意下さい。

  1. 長時間のマッサージは身体への負担が大きく症状の回復の妨げになる場合がある。
  2. 筋肉をほぐす強さは筋肉の状態により合う強さがありますが、特殊なケースを除き弱ければ弱いほど良いと言われています。

整体院の特徴2. 治療効果・持続性について

上記のような方針の整骨院の施術効果や持続性ですが当然効果も高いですし、持続時間も長いです。

  1. まず骨格のズレを矯正しながら、全体のバランスを整えていく
  2. 段々と身体を歪ませている原因となるクセが変わりながら歪みにくい身体になっていきます
  3. 正しい身体の使い方が身につき、筋肉のバランスも良くなり歪みにくい身体になります

このような流れで施術を計画的に進めていきますので施術効果や効果の持続時間も長くしていけます。

マッサージでは・・

マッサージでは根本原因にはアプローチせず、根本原因ではない筋肉を緩めるだけなのでほぐした直後は少し楽になった気になりますが、根本原因の影響ですぐに元に戻ってしまいます。

場合によってはカチカチの筋肉を強引にほぐすことにより、結果的に筋肉にダメージを与えてしまい筋肉の質を悪くしてしまうこともあります。

整体院の特徴3. 検査やカウンセリングについて

整体院は基礎医学の知識を習得した施術者が対応しますので神経学的な検査法や筋力検査や全体的なバランス、歪みをしっかりみていきます。

その検査結果をもとに根本原因を見極めていきます。それらを踏まえてカウンセリング時に専門的な立場からどのようにしたら根本的に良くなっていくのかなど、あなたにとって最善の施術についてお話していきます。

マッサージでは・・・

基本的にすぐにベッドに横になってもらい、気になるところを聞いたり疲れているところを聞いてすぐに強さを聞きながらマッサージを始めてしまいます。現在の細かい状態をあらかじめ確認することはありませんので、筋肉の硬いところをほぐすということが基本です。そのように進めていきますので根本原因を見極めて根本原因にアプローチするのは難しいです。

整体院の特徴4. 資格について

整骨院で施術を行う施術者は基本的に柔道整復師という国家資格が必要です。この資格は専門学校における3年間or大学における4年間基礎医学や専門知識の習得をし、技術的なことも学びながら現場実習なども行い、その後国家試験に合格することで初めて資格を得ることができます。

マッサージでは・・

誤解しやすいので、正式なところを先にお伝えします。マッサージを行うには実はあんまマッサージ指圧師という国家資格が必要です。しかしここでいうマッサージは街によくあるリラクゼーション的な資格の要らないマッサージのことです。

これはよくあるチェーン店などでは素人の方を採用し、数日から数週間会社で研修し、その後配属先で先輩のチェックを受けてデビューという流れが多いです。という流れなので特に資格はありません※補足としてですが、整体院も無資格で施術することができますので、施術を受ける際にはご注意下さい。